事業報告

2020年度 NPO法人掛川国際交流センター事業報告書

<運営事項>

  1. 総会開催
    期日:2020年6月20日
    場所:掛川市生涯学習センター会議室
    正会員出席者:56名(委任状含む)
  2. 理事会開催
    第1回  期日:2020年 6月 4日
    第2回  期日:2020年 7月 1日
    第3回  期日:2020年 8月21日
    第4回  期日:2021年 3月18日
  3. 監査の実施(2019年度収支決算について)
    実施日:2020年 5月15日     監事:太田喜男、榛葉貴昭
  4. 会員総数(2021年3月31日現在)
 前年度新規会員脱退会員会員数
個人正会員45名1442名
団体正会員11団体1111団体
個人賛助会員112名188743名

<多文化共生部門 実施事業>

Ⅰ 外国人生活支援事業

  1. 情報提供・生活相談窓口業務
    実施日:月~金曜日 9:00~16:00 場所:掛川市役所2階テラス
    <ポルトガル語対応 月・水・金曜日 10:00~15:30>
    利用件数:3510件(前年度:1563件)

     

    • 主だった問い合わせ、相談、依頼内容など(前年度)
    1. 在留手続き 351件 (251)外国人登録、ビザに関する問い合わせなど
    2. 保育・教育・福祉 612件 (206) 児童手当、子どもの進路、日本語などの相談
    3. 国保・年金 361件 (204) 国保加入の相談など
    4. 住 宅 115件 ( 67) 市営住宅、県営住宅に関する問い合わせなど
    5. 保健・医療 75件 ( 46) 予防接種や病院の問い合わせなど
    6. 税 金 645件 (409) 税金の納付の相談や各種証明書の問いわせ
    7. 仕 事 94件 ( 34) 仕事や労働、ハローワークに関する相談
    8. 観光・文化 27件 ( 46) 観光や各種イベントに関する問い合わせなど
    9. 環境・防犯・防災 99件 ( 31) ごみの出し方・落とし物・避難所のことなど
    10. 紹介依頼 42件 ( 27) 通訳・翻訳者、日本語講師など
    11. 翻訳依頼 103件 ( 76)
      依頼機関 市役所(特別定額給付金、住宅確保給付金、税金関係、部署名、投書など)
      教育委員会(就学援助申請)
      社会福祉協議会(緊急小口貸付金申請)
      自治会(規約、区費のお知らせ、ゴミ分別の注意書きなど)
    12. その他 480件 (166)
    13. 特別定額給付金相談件数 506件
      ※ 国籍別相談件数(延べ)20か国 計2957人
      ブラジル人 1807件 フィリピン人 746件 ペルー人 237件
  2. 外国人児童生徒支援
    相談件数 110件(59) 入学書類記入補助、転入転校手続き、進学資金不足など
    袋井国際交流協会と共に「学用品バンク」設置 寄付20件、贈呈11件
  3. 医療通訳派遣事業<中東遠総合医療センターと委託契約を締結>
    派遣実績:19件(15)
    ポルトガル語10件、英語8件、スペイン語1件

Ⅱ 国際化及び国際教育啓発事業

窓口相談件数 313件 (前年度298件)

  1. 語学・文化講座
    1. 英会話教室の実施
      • 掛川教室
        開催期間:前期 中止  後期 9月~2月
        開催時間:火曜クラス 9:00~10:30 10:30~12:00 19:30~21:00
        木曜クラス 19:30~21:00
        開催場所:掛川市生涯学習センター
        受講者数:後期35名
      • 大須賀教室
        開催期間:通年 毎週火曜日
        開催時間:19:30~20:30
        受講者数:前期中止 後期9名
        開催場所:大渕農村環境改善センター アイク
    2. ワールドクッキング
      開催中止
  2. 「磐田・袋井・掛川インターナショナルフェア2021」開催
    開催日:1月23日(土)・24日(日)10:00~16:00
    開催場所:ららぽーと磐田
    主催:磐田・袋井・掛川インターナショナルフェア2021実行委員会
    開催目的:「多様性豊かな多文化共生の地域づくり」

    開催目標:
    1. 広域でのネットワークの構築
    2. 外国人の積極的な参加
    3. 国籍/年齢/性別を問わず住民が多文化共生を体験し交流する
    内容:
    磐田市・掛川市・袋井市の国際交流団体とそれぞれの市の多文化共生事業紹介
    地域で暮らす外国人の活動紹介
    ジュニオール・マエダ写真展
    子ども絵画展“わたしのたからもの”
    JICA 活動紹介

    来場者: 2000人
    ※実行委員会は6回開催
  3. ボランティア活動の推進
    1. 2020年度までの登録者総数
      (2021年3月31日現在): 766名(うち外国人 173名)
      2020年度新規登録者数 36名(うち外国人 6名)
      活動内容:日本語教室サポーター、通訳、翻訳、ホームステイ受け入れ、イベント交流など
    2. 市民・ALT交流会
      コロナウイルス感染拡大防止のために中止
    3. 国連国際学校中学生ホームステイ
      コロナウイルス感染防止のために中止
    4. 外国籍生活困窮者のための食糧支援事業(寄付受付&配布)
      危機管理課よりアルファ化米(50食×800ケース)
      佐野医院院長 佐野克行先生より 10万円
      上張区よりアルファ化米 50食1ケース
      高川佳都夫様より お米(30キロ×6袋)
      とうもんの恵みを伝える会&N様より お米(30キロ×2袋)、みかん2箱、お茶
      (株)キャタラー&キャタラー労働組合様より サバイバルパン 40箱 ピラフ 20袋
      T様より 5万円
  4. 広報活動
    1. ホームページ公開 URL https://kakegawa-life.com/
    2. 会報誌「掛川国際交流センターだより」の発行
      ・第20号(6月発行) 発行部数:1,000部
      配付先:会員、市内教育機関及び関連機関、公共施設、静岡県内国際交流団体等
    3. メールマガジンの発行 (会員、ボランティア登録者などへ月1回配信)
      メルマガ登録者 344名(3月31日現在)
    4. SNS(FB や LINE)にて、随時情報発信
  5. その他活動
    • 外務省「NGO による開発援助実績作成のための調査書」提出 5月20日
    • 「静岡県における地域日本語教育オンラインセミナー」ZOOM 参加 1月28日
    • 「関弁連管内外国人相談者による懇談会」ZOOM 参加 1月29日
    • 協働推進課の依頼による「協働によるまちづくりマッチング会」プレゼンテーション 2月6日
    • 「静岡県災害時手言語支援センター運営訓練」参加 2月9日

Ⅲ 日本語教室開催事業

相談件数 128件

  1. 開催場所
    掛川市役所4階会議室
  2. 開催時期
    第1期 新型コロナウイルス感染拡大防止のため事業中止
    第2期 期日:2020 年9月 6日~11 月 15 日(全10回)
    第3期 期日:2021 年1月 21 日~3月 23 日(全10回)
  3. 開催時間
    文字、おしゃべりクラス 13:00~13:45
    会話クラス 14:00~16:00
  4. 登録受講者数 91名
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

第1期 中止(前年 74)

フィリピン21
ブラジル
ベトナム
ミャンマー
韓国
日本
インドネシア
ペルー
タイ
 
 
 
 
計 9ヵ国46

第2期 46名(68)

ブラジル
フィリピン
ペルー
ベトナム
中国
ミャンマー
タイ
インドネシア
アルゼンチン
ボリビア
イギリス
 
 
計 11ヵ国45

第3期 45名(50)

  1. 担当講師(会話クラス担当)
    4クラス 4名 (代講講師 1名)
  2. 日本語サポーター登録者数(文字、おしゃべりクラス担当)
    第2期 31名 第3期 27名
  3. 交流・文化活動
    10 月 4日 地震の際の行動について(講師:掛川警察署警備課)
    1月 31 日 COVI-19 に感染しないために(講師:静岡県西部福祉センター)
    2月 7日 緊急時の通報について(講師:掛川消防署)
    ※ 9 月 13 日、20 日、10 月 4 日、「日本語教室ボランティア講座」開催
    ※ ふじのくに未来財団 静岡トヨタ自動車「ハイブリッド基金」助成事業に応募し採択された

Ⅳ 国際姉妹都市交流事業

窓口相談件数 29件(前年度 257 件)

  1. 受入
    1. 友人学園
    2. コーニング訪問団
    3. ユージン訪問団
  2. 派遣
    1. 第30回コーニング市友好訪問団
    2. 第41次ユージン訪問団
    3. 第15回高校生ユージン研修
    上記の事業は世界規模での新型コロナウイルス感染症拡大により、訪問団の健康と安全の確保が難しいため実施を中止
  3. その他
    新型コロナウイルス感染症拡大により人的交流が出来なかったため、姉妹都市交流活動の一環としてユージン市とコーニング市の姉妹都市委員会にメッセージと共に掛川茶と「茶のみやきんじろうマスク」を寄贈した。

コメントは受け付けていません。