日本語教室

掛川市日本語教室2022年第1期が始まりました(2022年5月15日)

5月15日(日)掛川市役所4階会議室にて掛川市日本語教室2022年第1期が始まりました。様々な国籍や年齢の生徒さんが集まり、楽しくにぎやかにスタートを迎えました。先生やボランティアの皆さんと一緒におしゃべりをしながら楽しく日本語を覚えます。ひらがな・カタカナクラスでは少しずつ日本の文字を覚えます。今期は新しいボランティアさんも多く参加してくださり、にぎやかな講座になりそうです。

レベルごとに3つのクラスに分かれ、初回のこの日は自己紹介から始まりました。授業で会話をするうちに生徒さん同士も少しずつ打ち解けてきたようです。「BBQに何を持っていきますか?」にはそれぞれ個性豊かな答えが返ってきました。日本語だけではなく、生徒さん同士の多文化交流もできるのも、地域の日本語教室ならではの光景かもしれません。

続きを読む

カテゴリー: KICの活動, top, 日本語教室 |

お花見にいきました(2022年3月20日)

2022年3月20日(日)ぽかぽか春の陽気の中、掛川城のまわりでお花見をしました。前週に修了式を迎えた掛川日本語教室のイベントとして、受講生の皆さんを中心に集まりましたが、ボランティアさんも参加して、にぎやかにのんびりとした午後を過ごしました。

午後2時に掛川城に集まり、掛川城の忍者と写真を撮りました。その後、庭園やお城の周りの桜や春の花々を見ながら、大手門のすいのやで静岡おでんを食べ、駄菓子屋の横さんちで駄菓子を買いました。その後二の丸茶室の見学をしました。日本に住んでいても、外国籍の方にとっては、おでんを買い食いしたり、駄菓子屋で駄菓子を選んだりするのは、ちょっとした冒険です。参加した皆さん、とても楽しそうでした。

カテゴリー: KICの活動, 日本語教室 |

2022年第3期 掛川市日本語教室が終了しました(2022年3月13日)

2022年3月13日(日)掛川市日本語教室2022年第3期の修了式が和やかにおこなわれました。
今期は、新型コロナウイルスのオミクロン株の猛威の中での開催となりましたが、先生方、受講生の皆さん、日本語教室サポーターの皆さんのご協力で最終日まで、無事に続けることができました。

おしゃべりクラスでは、毎回いろいろなテーマでおしゃべりをして、楽しく会話の勉強ができました。受講生の皆さん、日本語がだいぶ上手になりました!

 受講生の皆さんのスピーチがありました。「今までの私、今の私、これからの私」。自分で作った日本語のスライドで故郷にいたころの写真や、日本に来てからの写真を見せてくれました。掛川市日本語教室で覚えた日本語が「これからの私」になるために役立ってくれると嬉しいです。
 
 

カテゴリー: KICの活動, 日本語教室 |

掛川市日本語教室2022年第3期が始まりました(2022年1月9日)

1月9日(日)掛川市役所4階会議室にて、掛川市日本語教室2022年度第3期が始まりました。
今回は約20名の生徒さんが集まり、楽しくにぎやかに始まりの日を迎えました。先生やボランティアの皆さんと一緒におしゃべりをして楽しく日本語の言葉を覚えます。ひらがな・カタカナクラスでは先生やボランティアさんから日本語の文字を覚えます。

 レベル別に分かれた4つのクラスで、ゲームやプリントで語彙を増やしたり、言い方を覚えたりしました。また、百人一首で坊主めくりや、成人年齢の変更についての説明など、日本語の勉強だけでなく、日本で暮らす上で必要な知識や、せっかく日本にいるのだから触れてほしい日本文化の体験など、先生やボランティアの皆さんのお力をお借りして、地域の日本語教室ならではの授業を目指しています。 続きを読む

カテゴリー: KICの活動, top, 日本語教室 |

防災講座を開催しました(2021年12月19日)

「ぐらっときたら・・・」地震、その時どうしますか?
日本で暮らす上で避けて通れないのが地震への備えです。日本で長く暮らす人、日本で育った人は、知識や体験として地震発生時にとるべき行動を知っています。
地震の少ない国から来た人はどうでしょうか?

12月19日(日)掛川市役所4階会議室にて、田野先生を講師に防災講座を行いました。
生徒さんたちは、日本語教室サポーターさん達に手伝ってもらいながら、まず、自分の家の避難所を確認。地震発生時の初動について選択式のクイズ形式で学んだり、2グループに分かれて日本語で情報伝達してみたりしました。日本語で聞いたことを、日本語で伝える難しさを実感しました。
「仕事中に地震が起きたら、どうしますか?」「1.外に逃げます。2.社長に言います」など、笑いながら楽しく勉強していました。
また、アルファ米の炊き出しもしました。炊き出しのご飯にも慣れておかないと、いざというときに食べられなくて困ってしまうかもしれません。

日本と同じで地震などの災害の多い国から来た生徒さんは、防災講座への取り組みが特に真剣でした。特に最近ではフィリピンの台風、アメリカの竜巻など、大きな災害が起きています。今一度、地震だけでなく、災害への備えや知識の大切さを思います。
続きを読む

カテゴリー: KICの活動, top, 日本語教室 |

掛川市日本語教室第2期が始まりました(2021年11月7日)

11月7日(日)掛川市役所4階会議室にて、掛川市日本語教室2021年度第2期が始まりました。
初日は20人の生徒さんが集まりました。今回は「掛川市はじめての日本語教室」も同時に開催されていて、そこでは先生やボランティアの皆さんと一緒におしゃべりをして楽しく日本語の言葉を覚えます。また、通常のひらがな・カタカナクラスでは先生やボランティアさんから日本語の文字を覚えます。先生とのクラスでは、あいさつ、好きなこと、電車の乗り方、BBQで使うものの名前など、テーマに沿った日本語を勉強しました。

私たちは、日本人も外国人も誰でも楽しく集える地域の日本語教室を目指しています。言葉だけでなく、日本や地域での生活に必要なことや、お互いの文化を伝え合う場所になれたらうれしいです。
続きを読む

カテゴリー: KICの活動, 日本語教室 |

掛川市(かけがわし)日本語(にほんご)教室(きょうしつ)のお()らせ(2021年10月26日)

【やさしい日本語】はじめての日本語教室チラシのサムネイル掛川市(かけがわし)日本語(にほんご)教室(きょうしつ)2021年度(ねんど)(だい)()が11(がつ)7(にち)(にち))から(はじ)まります!

日本(にほん)生活(せいかつ)をしていて、日本語(にほんご)(はな)せたらいいなと、(おも)うことはありませんか?先生(せんせい)やボランティア、(おな)じクラスの仲間(なかま)たちと一緒(いっしょ)日本語(にほんご)(おぼ)えましょう。

11(がつ)7(にち)から12(がつ)26(にち)まで、毎週(まいしゅう)日曜日(にちようび)午後(ごご)()から午後(ごご)()まで、掛川(かけがわ)市役所(しやくしょ)(かい)会議室(かいぎしつ)で行います。

受講料(じゅこうりょう)は2000(えん)です。11(がつ)7(にち)受付(うけつけ)(はら)ってください。

受講(じゅこう)をしたい(ひと)は、11(がつ)7(にち)午後(ごご)()掛川市(かけがわし)役所(やくしょ)()てください。

続きを読む

カテゴリー: KICの活動, 日本語教室 |

掛川市日本語教室 掛川市市街地循環バスに乗りました(2021年7月18日)

掛川市の市内を走るバスに乗ったことがありますか?

7月18日(日)掛川市日本語教室の一環として、掛川市役所から市街地循環バスに乗って、さんりーなへ行きました。
日本の方でも外国の方でも、よく知らない土地でバスに乗るのはとても勇気が要りますよね。
掛川市での暮らしの知恵として、乗るときにお金を払うこと、バスの中では騒がないことなど、市街地循環バスの利用の仕方を知りました。
続きを読む

カテゴリー: KICの活動, top, 日本語教室 |

掛川市日本語教室が始まりました(2021年5月16日)

5月16日(日)掛川市役所4階会議室にて、掛川市日本語教室2021年度第1期が始まりました。
今回は約30名の生徒さんが集まってくださりました。レベルごとに4つのクラスに分かれてスタートしました。また、多くの日本語教室サポーターさんと、和気あいあいとした雰囲気の中ひらがなクラスとおしゃべりクラスが行われました。

今年度も地域の日本語教室として、外国人市民と地域の皆さんとの共生の一助となれるよう活動していきます。
続きを読む

カテゴリー: KICの活動, top, 日本語教室 |

2020年度第2期 掛川市日本語教室が終了しました(2020年11月8日)

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、久しぶりの開講となった掛川市日本語教室ですが、無事に全日程を終了することが出来ました。マスク着用や換気や消毒などをする、密にならないように日本語教室サポーターさんの人数を調整するなどの感染対策を徹底して開催しました。9ヵ国46名の方が受講してくださり、最終日は和やかに修了式が行われました。

掛川市日本語教室では、日本語教室サポーターさんがボランティアとしてご活躍されています。今回は、新しくボランティアに加わった方も多く、日本語学習をサポートする方法を皆さんで考えたりするワークショップを行いました。ご参加くださいましたサポーターさん、ありがとうございました。

カテゴリー: KICの活動, 日本語教室 |